山元馬場商店

|ホームホーム|錦市場と馬場商店錦市場と馬場商店|主な商品主な商品|季節ごとの商品季節ごとの商品|ブログブログ|お問い合わせお問い合わせ|

季節を問わず販売している商品です。
それぞれ旬の時期や、在庫切れの時期等がございますので、お気軽にお問い合わせください。

鰻鰻

八幡巻八幡巻

鯉鯉

うま煮・佃煮うま煮・佃煮

出し巻・う巻き出し巻・う巻き

鮒寿司鮒寿司

鰻

養殖と天然の扱いがございます。養殖と天然の扱いがございます。

養殖と天然の扱いがございます。
点線
養殖は、愛知県 三河一色の鰻を仕入れております。1日~2日ほど錦の地下水で泳がせることにより、余分な脂と臭みを抜き、身を引き締めます。
当店の蒲焼きは、焼く直前に身を捌き、蒸しを入れずに、じっくりと地焼きで仕上げます。タレは、化学調味料を一切加えず、創業当時から継ぎ足したコクとうま味のある味を守っております。
天然鰻は、数は少量ですが、琵琶湖より500g~1.5kg程度のものが入ります。養殖とはまた違う、力強い味わいで、お得意先の料理屋様・割烹様からもご愛顧いただいております。
養殖・天然ともに、蒲焼き・白焼き・開きでのご注文に対応いたしますので、お問い合わせください。

ページトップへページトップへ

八幡巻

03-shouhinsyashin02.jpg03-shouhinsyashin02.jpg

京都府の南部 八幡(やわた)の地で
牛蒡づくりが盛んであったころに作られていた郷土料理です。
点線
割いた牛蒡を芯にして、鰻を巻き付け、四方を焼きあげることにより、焼けた鰻の脂が牛蒡に染み込み、滋味深い味わいになります。京都では、お節料理にも欠かせない料理として重宝されております。当店では、鰻の他、穴子で作った八幡巻もご用意いたしております。

ページトップへページトップへ

鯉

03-shouhinsyashin03.jpg03-shouhinsyashin03.jpg

京都・滋賀では、鯉を食する文化が色濃く残っており、
当店でも人気商品の一つです。
点線
清冷な地下水で泳がせた鯉は、刺身を氷水でしめて「洗い」に。
大ぶりの切り身にして、甘辛く炊いた「うま煮」も人気です。
秋~冬にかけては、卵を詰めて炊きあげる「子持ち鯉うま煮」が名物で、遠方からもお買い求めに来られるお客様もございます。

ページトップへページトップへ

うま煮・佃煮

03-shouhinsyashin04.jpg03-shouhinsyashin04.jpg

琵琶湖にて水揚げされる魚は、
季節ごとにそれぞれに応じた炊き方があります。
点線
小さなスジエビは、水を使わずエビから出るお出汁を利用し、味を強めに炊きます。小鮎は、水あめで煮付けて保存を良くしたり、大きな鮎は静かに火を入れて骨まで柔らかくいたします。ご予算等に応じて詰め合わせもご用意いたします。時期により、ご用意できるものが変わることがございますので、まずはお問い合わせください。

ページトップへページトップへ

出し巻・う巻き

03-shouhinsyashin05.jpg03-shouhinsyashin05.jpg

京都の「家庭料理=おばんざい」、
出し巻卵を外すことはできません。
点線
お出汁から、店で手作りの自慢の一品です。うま味が濃い鯖節と昆布から取ったお出汁と割りたての卵を合わせ、店の奥にて毎日焼いております。また、鰻の蒲焼きの切り身を芯にして巻いた「う巻き」も好評をいただいおります。

ページトップへページトップへ

鮒寿司

03-shouhinsyashin06.jpg03-shouhinsyashin06.jpg

琵琶湖の珍味といえばやはりこれ。
意外にも健康食品なんです。
点線
滋賀県の郷土食として有名な「鮒寿司」
春ごろに獲れた二ゴロブナを、塩漬け~飯漬けという工程を経て、およそ1年がかりで
作ります。
生きた乳酸菌をたっぷりと含んだ「鮒寿司」は、古来より健康食品として伝承されています。
鮒寿司=匂いが・・ と想像される方も多いかと思いますが、最近では匂いを抑える製造法も研究されており、だいぶん食べやすくなっております。
当店での取り扱い品は、サイズや規格も様々ですので、お気軽にお問い合わせください。

その他の商品はこちらその他の商品はこちら

主な商品